神奈川県には約23万人の外国人が暮らしています。

湘南エリア(藤沢市、鎌倉市、茅ケ崎市、平塚市)には、そのうち15000人位が住んでいます。

出身国は、中国、韓国、ベトナム、フィリピン、ブラジル、ペルー、アメリカ、インドネシア等…様々です。

「外国人=英語」と思う人がとても多いですが、実際には英語圏ではない人がほとんどです。

日本人と在日外国人の共通言語は?

在日外国人の母語は様々です。

英語、中国語なら、話せる日本人もいそうですが…ベトナム語、ポルトガル語はそんなに多くありません。

では、いったい何語でコミュニケーションしたらいいのでしょうか。

答えは「日本語」です。

日本に住んでいる外国人は、日本語を勉強していたり、生活の中で身につけています。

英語よりも、中国語よりも、日本語が通じるのです。

でも、日本人が普通に話す日本語は難しいです。

中には日本語がペラペラの外国人もいますが、初級レベルの人には伝わりません。

そこで、外国人に伝わりやすい日本語表現「やさしい日本語」が活躍します。

外国人が日本語ペラペラになるためには、1200時間はかかると言われています。

でも、日本語を母語とする日本人なら、ほんの数時間でも「やさしい日本語」のキホンを学べば、
ある程度外国人に伝わりやすい日本語で話せるようになります。

外国人の日本語が「上達するまで待つ」のではなく、「今すぐ交流できるようになる」
それを叶えるのが、「やさしい日本語」です。

やさしい日本語で、多様性をチカラに

言葉の壁がなくなると、外国人の「日本語ができない」という弱みが見えにくくなります。

代わりに、「外国語を知っている」「外国文化に詳しい」「日本人が思いつかないような発想をする」など
外国人だからこその強みを、発揮できるようになります。

湘南やさしい日本語プロジェクト」が目指したいのは、
「やさしい日本語」によって、外国人の持つ多様性を「チカラ」にすること。

湘南エリアに住む1人1人の輝きが、湘南の街をより輝かせる。
そんな想いで、活動しています。